防災科学技術研究所「SPF データマートにおけるデータ活用基盤要件策定業務」データマートの理想モデルの提案【成果公表】

2021年度に国立研究開発法人防災科学技術研究所(防災科研)が実施し、一般社団法人データ社会推進協議会(DSA)とエブリセンスジャパン株式会社が受託した「SPF データマートにおけるデータ活用基盤要件策定業務」の成果物の一部が公開されました。

「SPF」は防災科研が官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)の「革新的建設・インフラ維持管理技術/革新的防災・減災技術領域-長周期地震動・詳細震度分布等解析及び同解析結果に基づく応急対応促進」において研究開発を進める企業版防災情報サービスプラットフォームです。
本事業では、SPF 構成要素のひとつである「データマート」のプロトタイプ開発を行うため、「データマートのマーケット機能のサービス調査」、および「ユーザーヒアリング」を行い、調査・ヒアリング結果情報をもとに、データマートの理想モデルを提案しました。

調査研究にはDSA会員企業から株式会社日本データ取引所、株式会社日本総合研究所、三菱電機株式会社のみなさんにご参加いただき、成果をとりまとめました。

防災科研SPFデータマートの概念図

本ドキュメントは、防災科研首都圏レジリエンスプロジェクト「企業版防災情報サービスプラットフォームの開発」(外部サイト)で公開されています。

 

公開日 2022年7月4日
作成者
  • 一般社団法人データ社会推進協議会 4011005007414
  • エブリセンスジャパン株式会社 4010401113420
著作権者 国立研究開発法人防災科学技術研究所 3050005005210

 

「データマートの理想モデルの提案」報告書

ご利用にあたって

  • 本ドキュメントは、業務発注元である国立研究開発法人防災科学技術研究所より公開されています。
  • 本ドキュメントに関するお問い合わせは、ホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
Translate »