会報誌/書籍

当協議会が発行している機関誌や書籍をご紹介します。

  • DTA Report 2020-2021 データ連携で作る未来

    発行日:2022年09月30日

    DSAはデジタル庁の発足を控えた2021年7月にOpen BBL Forum「データ連携で作る未来」と題して10セッションからなるオンラインカンファレンスを開催し、600名以上が参加。データ社会の実現へ取り組む各界のオピニオンリーダーとDSA理事らによるモデレーションのもとでパネルディスカッションを行った。

    本書はそれらのキーノートを中心に議論の要旨を報告するリポートが主となる。さらに、政府のデータ戦略および日本のデータ利活用についての提言、データ基盤の分野間連携プラットフォーム「DATA-EX」について現状を解説する。おのおのがデータや情報を取得して、それらを分析・解析し理解を深め、自律的に意思決定を下して活動する「自律型社会」を目指すことの重要性を紹介。

  • 図解入門ビジネス 最新データ流通ビジネスがよ~くわかる本

    発行日:2020年11月17日

    総務省・経済産業省などが主導し、官民の取り組みが加速している「データ流通ビジネス」。注目される3つのデータ流通の仕組み(データ取引市場、PDS、情報銀行)を中心に、ビジネスの概要、取り巻く環境、法・制度・ルール、事業者の取り組み例など、データ流通ビジネスの現在の状況や課題、展望などを、ビジネスマンに向けて平易に解説した入門書です。

  • DTA Report 2019-2020 データ活用と連携でコロナと戦う!

    発行日:2020年11月27日

    平井卓也、村井純、中村祐輔ほか、IT、医療、個人情報保護、教育などの専門家約30人が登場したオンラインシンポジウム「データ流通と連携でコロナと戦う! 」。その詳細レポートを採録した一般社団法人データ流通推進協議会(Data Trading Alliance/ DTA) の機関誌を一般読者向けに発行しました。マイナンバー活用の問題点、公益に資する医療データの扱い、オンライン教育に向けた視点まで、デジタル庁創設へ向けた動きの背景となるデータ流通基盤の課題を解説。コロナ後のデジタル・ニッポン戦略はこの一冊でわかります。
    DSA会員の方はPDFファイルで閲覧可能です。

Translate »