センシングデータのためのメタデータ策定の基準化に向けた提案【公式公開資料】

技術基準検討委員会のセンシングメタデータタスクフォース(TF)では、2019年11月よりセンシングメタデータ策定の基準化に向けた活動を、協定に基づく連携・協力先である一般社団法人 ‎Industrial Valuechain Initiative ASG12と連携して、ユースケースの収集、アンケートの実施、技術調査や議論を重ねてきました。
この活動に基づき、製造分野におけるセンシングメタデータについて、メタデータを設計する者に対しメタデータのデータモデルやフォーマットの定義を示すこと、さらにメタデータの作者やメタデータの利用者に対しメタデータの概念やフォーマットを理解をできることを目指し、ホワイトペーパーを作成しました。

図 センシングデータのメタデータとなる情報の例

公開日 2021年4月27日
作成者 一般社団法人データ流通推進協議会 4011005007414
著作権者 一般社団法人データ社会推進協議会 4011005007414

ホワイトペーパー

  • センシングデータのためのメタデータ策定の基準化に向けた提案(製造分野編) (PDF 2,433KB)
    • 背景
      DSA技術基準検討委員会のセンシングメタデータタスクフォースでは、2019年11月から2021年3月までのセンシングメタデータ策定の基準化に向けた活動の中で、IVI ASG12と連携して、製造分野のセンシングデータに対するメタデータを対象とし、ユースケースの収集、アンケートの実施、タスクフォース内での技術調査や議論を重ねてきました。本書は、この活動に基づき、製造分野におけるセンシングメタデータについて、メタデータを設計する者に対しメタデータのデータモデルやフォーマットの定義を示すこと、さらにメタデータを作成する者やメタデータを利用する者に対しメタデータの概念やフォーマットに関する理解を与えることができるよう整理して、ホワイトペーパーとしてまとめたものです。
    • 目的
      本書を公開することにより、センシングメタデータの設計や共有・活用を目指す方々へ知見を提供するとともに、さらに多くの関係者からの要望や意見を収集し、実証実験などの検証を反映することで、より使いやすく活用できる文書として基準文書化することを目指します。

ご利用にあたって

Translate »